今回は、「歯列矯正治療と抜歯」に関してです。


yjimage0P2NNM9J


最近は、「歯を抜かない矯正治療がいい治療」という風潮になっています。

大人の矯正(成人矯正)では歯を抜く歯科矯正治療(抜歯矯正)が選択される事がありますが、歯医者さんもできれば健康な歯を抜きたくありません。

なぜ歯の矯正で抜歯される事があるのか?


1 奥歯にズレがある



 小学生の歯列矯正は必要ですか?でも書きましたが、奥歯にズレがあると歯科矯正治療の難易度が上がります。歯を抜かない治療(非抜歯矯正)では、ヘッドギアなどの寝るときに使う装置や矯正用インプラントなど、ワイヤー以外に付加装置が必要となります。

 歯を抜くことで、付加装置が少なく治療期間が短く済む可能性があります。


2 口元が前に出過ぎている


 歯列矯正は、最初の検査をする時に顔の写真を撮ります。イーライン(横顔で鼻の頭と下あごの先を結んだ線の事)をはじめとする、横顔のバランスや口の閉じにくさを確認するためです。

 口元が通常より前にある場合、口が閉じにくくなる傾向にあるので、歯を抜くことで前歯を後ろに下げて口を閉じやすくします。

3 歯の凸凹が大きすぎる


 歯の凸凹を抜歯無しでそのまま真っ直ぐにすると、歯を外側に広げる事が必要です。 その際、歯が広がる可能性のある方向は、大きく3つあります。

①前方

一番可能性が高い方向です。前歯を前に押し出す事で歯の移動するスペースを作ります。

一番簡単な広げ方ではあるのですが、より出っ歯になってしまったり、口が閉じにくくなったり、せっかく矯正をしたのに、歯ならびは真っ直ぐではあるが不十分な状態で終わる場合があります。

②横(側方)

横は子どもの矯正である程度広げる事は可能です。しかし、成人では骨や奥歯の位置関係で限界があるので、そこまで大きく飛び出す事はありません。

③後方

後ろは大きな奥歯があるためにあまり飛び出しません。

 最近はインプラント矯正が普及してきたので、奥歯を後ろに動かす事ができるようになりましたが、それにも限界はあります。


4 下の前歯の歯ぐきがうすい


 先程、前歯が前に出やすいとお話しましたが、それは上の歯だけではなく下の歯でもいえる事です。下の歯が前に出てくる事で、元々下の前歯の歯ぐきがうすい場合に歯肉退縮(歯ぐきの位置が歯の根っこの方に下がってしまうこと)が生じる場合があります。
 そのため、下の前歯を内側に引っ込めるように抜歯が検討される事があります。

まとめ

歯列矯正は単に歯ならびの問題だけでなく、顔貌(顔の形)を含めた複合的な問題をまとめて治療方針を考えていきます。
その時、歯科医師側のベストと患者さま側のベストが違ってくる事があります。
患者さまが良ければそれでいいのでしょうが、医学的に難しかったり健康を害する事であれば助言を入れます。

歯はなるべく抜かない、しかし抜いた方がバランスが良くなるのであれば、抜歯矯正の選択も残しています。

お近くの歯科医院でご相談してみてください。

医療法人KOM
いわぬま矯正歯科クリニック

スポンサードリンク