今回はプチ矯正に関してです。


ha_kyousei_woman_white

プチ矯正とは?


 通常の上下の歯すべてに装置をつけての矯正を全顎矯正というのに対し、一部にしか装置をつけない矯正を部分矯正と表現します。プチ矯正とは部分矯正に関してメディアが名づけた俗語です。
 今回はご要望が多い前歯のプチ矯正に絞って、ご説明しようと思います。


プチ矯正のメリット


1 治療が早く終わる


 
プチ矯正は一部の歯しか動かしません。そのため、全体を矯正するより治療が早く終わります。そのため、卒業式であったり結婚式であったり期限のある場合に利用される事があります。

2 治療が安くできる


 
プチ矯正は一部の歯にしか装置をつけません。そのため医療機関によって異なりますが、全顎矯正をするより料金は安くなります。

3 違和感や痛みが少ない


 
前歯だけにつけるのであれば、違和感や痛みが出てくるのはほとんどが前歯だけです。すべての歯に違和感が出るよりは少なくなります。

プチ矯正のデメリット


1 全体の咬み合わせが悪くなる可能性がある

 
 
部分的な矯正のため、他の歯との咬み合わせはまったく考えていません。そのため、上の前歯だけ矯正したとすると、他の装置がついていない歯は動かないために、変に当たってしまったり逆に離れてしまったりする事があります。

2 咬み合わせが安定しにくい

 
 
上下でしっかり咬み合わせていないので、歯と歯が離れている箇所や変に当たりやすくなっている箇所は保定(後戻りしないように歯をおさえる事)が不安定で、将来的に後戻りしやすくなります。

まとめ


 プチ矯正は早く安くできるので、手っ取り早く進めたい患者さまにとっては良い治療なのかもしれませんが、歯科医師の立場とすれば咬み合わせが悪くなってしまう可能性があり、健康を害するかもしれない治療でもあります。
 その事を納得して、プチ矯正を考えて頂ければ幸いです。

医療法人KOM
いわぬま矯正歯科クリニック


スポンサードリンク