子どもの出っ歯はどうやって治しますか?では、
子どもの出っ歯の治療をご説明しましたが、
今日は
子どもの受け口の治療法
です。


受け口とは?



通常「受け口」と言われる症状の多くは、
専門用語で「下顎前突(かがくぜんとつ)と呼ばれるものです

下の歯が前に出過ぎている状態です。

受け口の種類



出っ歯と同じく、
上下のあごの骨のバランスが悪いことが原因の、骨格性(こっかくせい)下顎前突」、上下の歯のバランスが悪いことが原因の歯性(しせい)下顎前突の二種類に分けられます。

骨格性下顎前突も大きく二種類に分けられます。
一つは、上の顎骨が小さく下の顎骨が標準以上であるもの、もう一つは上の顎骨が標準で下の顎骨が大きいものです。

子どもの受け口の治療法


1 歯を動かして治療する方法


 歯の位置や角度を変えて、前歯や奥歯の前後的なズレを修正します。骨格的に大きいズレがある場合は、他の治療法と併用する必要があります。

①リンガルアーチ(舌側弧線装置)
奥歯に金属のわっか(バンド)を装着し、歯の内側に太めの針金を通す装置。前歯の裏側に細い針金でバネをつけて、前歯を前に押し出します。

②歯列拡大装置(クワドヘリクスなど)

 リンガルアーチ同様、奥歯に金属のわっか(バンド)を装着し、歯の内側に太めの針金を通す装置。

 リンガルアーチと異なるのは、太めの針金全体がバネとなっている事と、奥歯を外に広げる効果がある事です。

③拡大床+弾線など

 拡大床(マウスピース型拡大装置)などにバネを取り付ける方法です。
 24時間常にバネが効いているわけではないので、やや確実性に欠ける可能性があります。

2    あごを動かして治療する方法


  歯を動かすのではなく、あごの骨のズレを修正して受け口を治します。
  あごの骨の成長のある間は効果がありますが、それがなくなってしまうと意味がありません。

①フェイスマスク(上顎前方牽引装置)
DSC_0452

  上の歯にフックをつけて、マスク(夜間に着けるお面)とゴムをかけ合う事で、上のあごの骨を前にひいて下あごの骨を抑える装置です。

  上あごの骨の成長は10歳前後までで止まり、下あごの骨の成長は身長の伸びと比例するので小学生高学年~思春期まで続きます。

   そのため、8~9歳あたりから開始しないと、効果が小さくなる可能性があります。

②ムーシールド
DSC_0455

 乳歯だけの時期~前歯が永久歯に切り替わる時期に使用される、既製品のマウスピースによる治療法。 

1)上唇が上の前歯を内側に押すのを防ぐ
2)舌を上に上げて、下の前歯を前に押すのを防ぐ
3)口を少し開けている状態になり、下あごが後ろに引きやすくなる

以上の効果があります。

 既製品ですし、これ自体が歯を押すわけではないので、確実性には欠けるのですが、上の前歯が永久歯に生え変わる前の段階での歯科矯正治療で、用いられることが多いです。

まとめ



反対咬合は、学校の歯科健診で確実に指摘される不正咬合です。指摘されるという事は、治した方が良いという意味が込められています。

受け口のままでいると、上の前歯が下の前歯を前に押し出し、より受け口が進んでしまいます。

あごの骨の状態によって治療法は異なります。今回挙げたもの以外にも、数多くの治療があります。

お近くの矯正歯科を受診されて、少しでもお役に立てれば幸いです。

医療法人KOM
いわぬま矯正歯科クリニック
スポンサードリンク