先日、あるタレントの女性が美容整形を公表したとのニュースが出ていました。
その際「顎矯正手術」という単語があったようで、歯科の矯正とは美容整形なのか?と思われた方が多かったようです。


歯科矯正では、骨格のバランスが悪いために、骨を切断する手術をして骨の調和を整える外科矯正治療と呼ばれる治療法があります。

mirror_woman_smile


この治療法は美容整形とどのような違いがあるのか、ご説明していきたいと思います。

外科矯正と美容整形の違い


1 目的が異なる

この2つは目的が異なります。

外科矯正の目的

骨の手術をする事で、咬み合わせや咀嚼する機能を治す

美容整形(顎矯正手術)の目的

骨の手術をする事で、見た目を変える

外科矯正でも術後は結果的に見た目が変わりますが、歯ならびを治すのがそもそもの目的です。

2 外科矯正は保険適用

美容整形(顎矯正手術)は健康保険がきかず、数百万円かかると報道されていました。

外科矯正は、手術は当たり前ですが矯正装置を使った治療も健康保険が適用されます。
個々の場合によりますが、患者さまの負担は四十万円程度(入院・手術含む)です。健康保険が適用される矯正治療は、#17 矯正で保険はききますか?で、ご説明しています。

3 治療の進め方や期間が異なる

美容整形(顎矯正手術)

手術をすればアフターケアはあるものの、骨を動かす治療自体は終わりです。

外科矯正

①術前矯正

手術の前に矯正装置で歯を並べる。手術した後でピッタリ合わせるように歯を動かす。

期間:1~2年

②手術

あごの骨を切断して、あご全体を動かして咬み合わせを整える。

期間:1~3週間(入院期間)

③術後矯正

手術の後に矯正装置で微調整をくわえる。歯がきれいに並んだら装置を外す。

期間:6か月~1年

④保定

矯正装置を外した後、歯がズレないようにマウスピースなどで抑える。

期間:2年~(装置撤去後)

以上の工程が必要です。

まとめ


外科矯正治療と美容整形(顎矯正手術)は、
似ている部分もありますが
違っている所が多いです。

正しい知識を持って、
必要であればどちらを選択するかの
参考にして頂ければ幸いです。

外科矯正ができる医療機関は、
全国で限られております。
こちらを参照してください。

医療法人KOM
いわぬま矯正歯科クリニック
スポンサードリンク