こんにちは。
宮城県岩沼市にある
いわぬま矯正歯科クリニック院長
小森です。

今回は「歯の矯正とホワイトニング」に関してです。

ha_kenkou_oldwoman


 歯ならびに興味のある方は歯の色にも興味を持つ事が多いようで、その中にはホワイトニングをご希望される場合があります。

ホワイトニングとは?


 ホワイトニングとは、元来の歯の色より白く明るくする技術です。薬剤で歯のエナメル質に沈着した着色物を分解・漂白します。

ホワイトニングの種類


 ホワイトニングには大きく3種類あります。

(1)オフィスホワイトニング


 歯科医院で歯に薬剤を塗って光を当てて治療する方法です。有資格者が薬剤を扱うので、濃度の高い物を使う事ができます。多くは数回の来院が必要です。
 普通の歯科医院でもおこなっている所はありますが、最近はホワイトニング専門の歯科医院もあります。

【ホワイトニングに専門性がある歯科医院さま】

スターホワイトニング
ホワイトニング東京

(2)ホームホワイトニング

 歯科医院で歯型を採って、オーダーメイドのトレイ(薬剤を入れるマウスピース)を作ります。自宅でトレイに処方された薬剤を入れて使用します。

(3)セルフホワイトニング

 最近、美容院などでホワイトニングをしている所や、通販などでホワイトニングの材料を販売しているのを見かけることがあるかもしれません。
 オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは、患者さまの口の中で作業をするので有資格者がしなければなりません。しかし、既製品のトレイにそれほど濃度の高くない薬剤を入れて使用する分には、自己責任にはなりますが比較的安価でホワイトニングをする事ができます。

【既製のトレイに薬剤を入れるタイプ】
デンタルホワイトニングキット【Hismile】
ホワイトニングも歯磨きも歯茎マッサージも1本でできる【Shiro`s(シローズ)】

 もしくはこちらも比較的濃度の高くない部類にはなりますが、通常の歯磨きの後にプラスして、ホワイトニング効果のある薬剤を歯ブラシで塗布する方法もあります。

【歯ブラシで塗布するタイプ】

痛くないホームホワイトニングなら【SHIROKU NARI-NA(シロクナリーナ)】
薬用ホワイトニング歯磨きジェル【ビースマイル】
薬用パールホワイトプロ シャイン



ホワイトニング、矯正治療前にするか?矯正治療後にするか?


 ホワイトニングは基本的に歯に装置がついている場合、利用する事はできません。マウスピースなど自分で着脱可能な物であればできなくもないのですが、マウスピース矯正のインビザラインは歯にアタッチメントと呼ばれるプラスチックを接着するので、ホワイトニングはできません。

 それでは、矯正治療の前と後のどちらが良いか?という話になるのですが、矯正歯科の立場でいうと「矯正治療後にホワイトニング」をして頂いた方がありがたいです。

ホワイトニングは矯正治療の後にするのが良い理由


(1)矯正治療中に歯の治療が必要になる可能性がある

 歯列矯正で歯を動かすと、隠れていた虫歯が見つかるかもしれません。また、歯を動かす中で形態修正が必要になるかもしれません。そのように考えると、矯正治療前にホワイトニングしたとしても再ホワイトニングとなる場合があります。

(2)ホワイトニングをする事で歯の質が変わる可能性がある

 歯の色を白くするという事は、歯の質を何かしら変化させるという事です。その際に歯につける接着剤が合わなくなってしまう事もあります。

(3)歯の凸凹でホワイトニングできない箇所がある

 歯の凸凹が大きいと、ホワイトニングをしたとしても薬剤が届きにくい部分がある可能性があります。ホワイトニングが不十分な箇所があると、歯を動かした後にまだらになってしまうかもしれません。


まとめ

 ひと言にホワイトニングと言っても、様々な方法があります。
 歯列矯正は歯のならびをキレイにできますが、歯の色まで変える事はできません。そのようなご希望があれば、気軽に歯科医院さまにご質問していただければと思います。

※2019年現在、いわぬま矯正歯科クリニックではホワイトニングでの治療をしていません。必要な患者さまは他の医療機関さまにご依頼させて頂きます。

医療法人KOM
いわぬま矯正歯科クリニック

スポンサードリンク